シュウウエムラのクレンジングの安全性

シュウウエムラの化粧品を使う前に、女性の美しい素肌を作り、メイクでより美しく見せるには、毎日のスキンケアが大切ですよね。

 

スキンケアは化粧水、美容液、クリームといったステップですが、それ以前に洗顔、そしてメイク落としのクレンジング選びも重要ポイントになります。
クレンジングに含まれた成分や洗浄力も重視しなければなりませんが、お肌に負担をかけることなく、お肌に優しいものを選びたいですね。

 

「メイクアップで美しく見せるには、素肌を美しくすること」を基本コンセプトにして開発されたのが、シュウウエムラのクレンジングオイルです。

 

1950年代からアメリカのハリウッドの現場でメイクアップアーティストとして活躍してきた植村秀さんが日本国内で初めてオイルクレンジングを紹介したとも言われており、これを機にクレンジングオイルが誕生して、次第に普及してきました。

 

オイルクレンジングという言葉を聞いて、もしかしたらマイナスイメージに捉える女性もいるかもしれませんね。洗浄力が強すぎてお肌への刺激が強いのではと、思うかもしれません。
しかし、シュウウエムラのクレンジングオイルは、商品化されるまでに開発の段階で数多くのテストが実施されており、安全性、ノンコメドジェニックテストまで厳しい検査基準をクリアしています。

 

「コメド」とはニキビができる最初の段階のことを指し、ニキビに関するテスト済なので、安全・安心ですね。


シュウウエムラのクレンジングの歴史

シュウウエムラのクレンジングは、メイクアップアーティストの立場から、美しい素肌を引き出すクレンジングオイルを提案しています。

 

今では世界で7秒に1本の割合で売れているということで、日本国内ではもちろん、世界中でも高く評価されています。

 

1967年に発売されたアンマスク・クレンジング・ビューティオイルからこれまで46年間に渡り、品質が改良されて次々に新商品が登場してきました。

 

とくに2002年以降は、ほぼ毎年のように、新商品が発売されるようになりました。
2012年には、ブライトニング・ジェントル・クレンジングオイル、そして2013年にはユースグロークレンジングオイル、2014年にはフレッシュ・シャインクリア・クレンジングオイルなどが販売されるようになり、新商品が発表される度に、容器の豊富なカラーバリエーションも人気の秘密ですね。

 

クレンジングオイルとしての品質の高さ、安全性の高さはもちろんのこと、スタイリッシュなボトル容器も魅力的ですね。

 

1967年に発売された当初は、クレンジングオイルは「魔法のオイル」と呼ばれるほど画期的なスキンケア製品として話題になり、その後、化粧品の製造には先進の技術が導入されるようになり、基本コンセプトはそのままに、ハイクオリティにこだわり、新しく進化を遂げています。


シュウウエムラのクレンジングが選ばれる理由は?

シュウウエムラのクレンジングは1967年に発売されて以来、ロングセラーヒットとなり、国内外において根強い人気がありますが、今改めて注目されている理由、その人気の秘密はどのようなところにあるのでしょうか。

 

クレンジングオイルは、女性のお肌にとてもなじみやすくて、お肌の毛穴の奥に溜まった汚れを取り除くのに、浮かび上がらせてから除去されるので、使った後はスッキリとしてお肌を目指せます。

 

メイクによる油汚れとともに、水に溶ける汚れまでも、クレンジングで洗い落とせるので、ダブル洗顔の必要もなく、スキンケアの手間が省けます。

 

クレンジングしながらお肌の古い角質が除去されるので、お肌本来のみずみずしさを取り戻せることでしょう。

 

シュウウエムラのクレンジングは、お肌への優しさにこだわり、メイクの後に使うものだからこそ、お肌がデリケートな方にも安心してお使いいただけるように、配慮されているのがうれしいですね。

 

プルーンやサクラ、イチョウ葉、緑茶など厳選された自然の植物由来成分がバランス良く配合されているものもあれば、お肌トラブルを防ぎ、透明感あふれるお肌に導いてくれるクレンジングなど、肌質や目的に合わせて自由にお選びいただけます。